June 25, 2018

フォトグラファーになって最初に買ったジェネレーターストロボが未だに機材庫にある。

当時は、まだモノブロックも一般的ではなったので多くのカメラマンがジェネレーターストロボか、ナショPことナショナル PE-480というグリップストロボのどちらかを選択(グリップタイプのストロボも消滅したかも?)リチュームイオンバッテリーも当然ないのでウェイト代わりに使えるほど重たい480Vの積層乾電池という高価な使い捨て電池を使っていた。そんな時代の大型ストロボの話です。

私が購入したのはコメットCX-244Ⅱ(2400w)と124Ⅱ(1200w)  100...

June 15, 2018

これまで湿板写真の作業はモノクロ現像と同じように、バットを並べて暗室で作業をしていた。1年前に湿板写真専用ダークボックスをアメリカのメーカーに発注したけど、受注生産だったようで2ケ月待ち、受け取り前に帰国してしまい手持ち運搬に失敗。他にもいろいろオーダーしたらけっこうな重さになってしまい、日本までの運賃が購入額とほぼ同額に(汗)安い運送会社を探しているうちに1年近く掛かってしまった。この度めでたく格安運賃で到着しました。

硝酸銀溶液をアクリルケースに入れる前にサンニング(ただの日光浴)してみた。pH値は4〜5が推奨値とある。こちらはア...

May 13, 2018

カメラをソニーに変えた。これまでnewF1に始まりキャノン一筋30年、最近ソニーに乗り換えるカメラマンの話をよく耳にするので試しに使ってみた。以前、初代α7を使った時はイマイチしっくり来なかったけど、今回のα7RⅢには はまりました!

瞳AF フォーカスポイントを1コマごとに移動する動作から開放された

サイレントシャッター 周りの人に気兼ねすることなく撮影ができる(LEDライト+ハイスピードシャッター時は要注意らしい)

プレイメモリーズモバイル スマホでリモート操作や画像確認かできるので、PCが無くてもテザー操作ができる。

私が...

October 28, 2017

「花を撮る」のワークショップをやるようになって、引退した三脚も再び使う機会が訪れた。参加者に聞くと、「三脚を持っていない」「持っていても重たいし荷物になるので置いて来た」という方が多い、手ぶれ補正機能付きのカメラが一般的になったのも一因かもしれない。

写真の仕事を始めた当初は、私も三脚を持っていなかった。(実はカメラも持っていなかった(汗)現在、我が家には大小様々10本ほどの三脚がある。
最近はカーボン素材が人気ですが、その前はアルミ、最初はスチール製だった。


大きめの三脚が1本あれば済みそうな気がするけど、カメラの重さと耐荷重重量、...

October 19, 2017

「セルフポートレート」ワークショップを11月開催に当たって、改めた自分撮りを考えた。

セルフポートレートをウィキペディアで検索すると、「人物写真の中でも、最も美術作品としての色彩が濃いのは、セルフ・ポートレイト」「自分を用いることから、最も表現としての自由が利き、写真家の個性が出るといわれることがある。」 と記載されている。確かに被写体と撮影者が一緒なので気を遣う必要は無い、しかし毎日見慣れている(新鮮ではない)被写体をいかに「格好良く」「魅力的に」インパクトのある写真にするかは難しい?!  成功した作品が「最も美術作品としての色彩が...

October 17, 2017

10月15日 ワークショップ「花を撮る、写真を作る」参加者による初めての写真展「Flowers of Romance」 無事終了しました。

お越し頂いた皆様、参加してくれた23人の写真家さん、PAPER POOLスタッフの方々、ありがとうございました!!

October 5, 2017

本日から古典写真技法のグループ展「Flowers of Romance」写真展開催です。

ワークショップ「花を撮る、写真を作る」は、デジタルカメラで花をテーマに撮影、デジタル写真からネガフィルムを作り、19世紀の写真技法で和紙から印画紙を作りプリントする、実験的なワークショップです。

毎回、個性的な花を提供してくれる「はいいろオオカミ+花屋 西別府商店」さんより不思議な花も登場!!

祐天寺のカフェバー&ギャラリー「PAPER POOL」にて15日まで、(ただし木・金・土・日曜日のみ開催)

詳細ページ→https://goo.gl/kovxL...