January 28, 2018

「自分が創りたい写真のイメージに適した光を演出するには」ということで基本となるストロボの特性や光の性質にスポットを当てた解説と実習でした。

November 30, 2017

ワークショップの時間内では、作品の仕上がりを見る事ができなかったので、1週間後に再集合、セルフポートレート・レビューをやりました!

撮影中から皆さん個性的でしたが、出来上がりも多彩です。フィルムカメラで参加した人はプリントまで仕上げて、講師の大沢も皆さんの写真データを使って画像処理をしたので、比較しながらデジタル画像仕上げのポイントを解説。

中でも際だって個性的だった参加者の作品、ジョエル=ピーター・ウィトキン(Joel-Peter Witkin)を思わせる危ない雰囲気で鬼才ぶりを発揮しています。

 <参加者の作品より>

1時限目に実習した...

November 20, 2017

第1回セルフポートレートワークショップ開催しました。


初日は、ベーシックな自撮りから顔認識+Wifi機能を使った撮影まで様々方法を検証、テザー撮影が最も確実な自撮り方法のようでしたが、出来上がりを待つワクワク感や偶然の面白さに欠ける難点アリです。


続いてイメージに合わせた光の演出方法を実習、全員で確認できるようにモデルは参加者ではなくLovedollの杏奈さんにお願いしました。今回はストロボでの1灯ライティングでしたが1灯の光でもいろいろな表現ができる事を実感してもらったと思います。これで終了の予定でしたが、次回の撮影プランニングの...

October 19, 2017

「セルフポートレート」ワークショップを11月開催に当たって、改めた自分撮りを考えた。

セルフポートレートをウィキペディアで検索すると、「人物写真の中でも、最も美術作品としての色彩が濃いのは、セルフ・ポートレイト」「自分を用いることから、最も表現としての自由が利き、写真家の個性が出るといわれることがある。」 と記載されている。確かに被写体と撮影者が一緒なので気を遣う必要は無い、しかし毎日見慣れている(新鮮ではない)被写体をいかに「格好良く」「魅力的に」インパクトのある写真にするかは難しい?!  成功した作品が「最も美術作品としての色彩が...

July 8, 2017

湿板写真でポートレート

モノクロフィルムの乳剤に当たるコロジオン溶液の乗りが悪い。アルコールが揮発してしまったのか、スムーズにガラスの上を流れない カンを使えるほど経験を積んでいるわけではないのですが、エタノールを加えて濃度を下げてみる。黒バックだと塗りムラが目立つ  
 
露出の違うアンブロタイプのガラスを2枚重ねてスキャニングしてみると、着物のガラの重なりが面白いしかし湿板写真の出来は・・・(涙)     近日リベンジ?!

July 3, 2017

久しぶりに湿板写真 の話

この写真、カメラもレンズも明治時代に作られたアンティーク品ですが、未だに現役!シャープに写ります。

デジカメの設定にもあるISO感度、湿板写真の場合ISO1以下と言われていて、この写真は500w相当の蛍光灯ライト16灯を固め打ち、超眩しいのに f/4.5 シャッタースピード10秒も掛かる。  ブレないように頭の後ろを固定して、モデルさんは自然な表情を作りつつ、フリーズ  忍耐も必要です。

デジタル写真慣れしていると、湿板写真は、とにかく手間が掛る、その前に完全防備で薬品の調合しなくては始まらない、風で薬品が飛...

February 1, 2017

    受講生の作品より、硝子越しの自然光撮影

・デジタル写真、初心者クラスを開催します。全5回

・このワークショップでは、ポートレート撮影を通じてデジタル 写真とライティングの基礎を解説します。

・対象はデジタル写真によるポートレート撮影・ライティング・ 画像処理に興味がある方です。

・カメラのことは分からない初心者の方でもご参加いただけま  す。デジタルカメラの購入を検討されている方でも参加可能です。

・シャッターを押せば写る、何となく使っているデジカメを基本 から理解し直したい中級者の方でも楽しめる内容です。

・デジタル...