ワークショップ 再開

数年ぶりのワークショップを開催しました。プライベートレッスンは不定期ながら続けていましたが、グループでの開催はコロナ以降初めて!



今回は、幕末に伝来した写真技法「湿板写真」を体験しよう!と言うわけで、作業行程を減らして体験してもらいました。


4x5カメラをこちらで用意していましたが、アンティークカメラや、今ではフィルム入手が困難になってしまったポラロイドカメラで参加する方など多彩で、出来上がった写真サイズも様々でした。

晴天に恵まれたので、自然光でセルフポートレートを撮ることにしましたが、皆さん初体験のフィルム作りに苦戦、フィルム感度はIS0 1ぐらいしかないので、ブレ防止の支え棒で頭を固定して、シャッタースピードは5秒前後でした。古いレンズにはシャッターが付いていないので、レンズ前に黒い帽子を被せて口でカウントしてシャッター代わりです。



透明樹脂を使ってネガが作れるアンブロタイプに挑戦して方は、途中でサイアノタイプのプリントも合わせて制作してみました。




皆さん、湿板写真初体験に感動されたようで、楽しい時間でした。


また機会があれが開催したいと思います!




お疲れさまでした!











特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square