「Botanical Art 」写真に挑戦!

「花を撮る、写真を作る」ワークショップ 第3回を開催しまた。

今回の1日目「花を撮る」では、今までの花と小道具を構成したセット以外に、ボタニカルアート風に一輪の花をフカン撮影するセットを作ってみました。 三脚を使って真上から撮るのは、なかなか難度が高いワザです。 背景紙に花を直置きにせず浮かせているので、簡単にバックの色を変えることができるセットにしています。 4面を紗幕ディフューザーで囲んで、超柔らか光のライティング。しかし、日陰の窓際に置いたセットは、どろ〜んとしたヌケの悪い色味になっています。18%グレーを写し込んで、Rawデータを現像する時に調整することにして、いざスタート!

・ライトボックスで透過した白バックで撮ったままの状態(右下) ・その画像のRawデータをLightroomで現像、明るさ・コントラスト色味を調整した写真(右上) ・白ケント紙を背景に日陰の窓からの光を 更に4面ディフューザーで柔らかくした「しっとり写真」(左上) ・黒ケント紙を背景に、それ以外は白ケント紙のセットと同じ、Raw現像の設定を変えてみる(左下) ・上のモノクロ写真は黒紙の写真を Photoshopのプラグインソフトで処理した画像です。

#ライティング #デジタルカメラ #写真ワークショップ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square