湿板写真でポートレート

July 3, 2017

久しぶりに湿板写真 の話

この写真、カメラもレンズも明治時代に作られたアンティーク品ですが、未だに現役!シャープに写ります。

デジカメの設定にもあるISO感度、湿板写真の場合ISO1以下と言われていて、この写真は500w相当の蛍光灯ライト16灯を固め打ち、超眩しいのに f/4.5 シャッタースピード10秒も掛かる。  ブレないように頭の後ろを固定して、モデルさんは自然な表情を作りつつ、フリーズ  忍耐も必要です。

 

デジタル写真慣れしていると、湿板写真は、とにかく手間が掛る、その前に完全防備で薬品の調合しなくては始まらない、風で薬品が飛ばないようにエアコンを切りサウナ状態で作業、乳剤に当たるコロジオン溶液は調合後1週間は熟成させないと使えないので、じ〜と待つ!

アトリエには、むかし理科の実験で使ったような器具が次々と増えています。近所のガラス屋さんも常連に、

スマホで簡単に写真が撮れるこの時代に、先人の苦労を体感するのも新鮮です。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ストロボライティング徹底研究 (その1)

January 28, 2018

1/2
Please reload

最新記事

June 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square