スタジオ ポートレート <アナログ合成撮影>

Gimmick Photo

 
第1回「スタジオポートレート 合成撮影」参加者の作品より

古典的な合成技術の一つで、モノクロ映画の時代から特撮として使われていたスクリーンプロセスを使ったポートレート撮影ワークショップです。

デジタル撮影が主流の現在では自由度が高いクロマキー合成が主流ですが、アナログ撮影では予測できない偶然の面白さが秘めています。

スクリーンプロセスはアナログ技法なので、フィルムカメラでの参加もOKです。

講座内容:

スクリーンプロセスによるアナログ合成撮影の解説

スクリーンセッティングとライティング

モデル撮影実習

モデル:

開催日時:2018年6月24日(日)13:00〜17:00

受講料:¥12,000 (消費税込み)

講師:大沢尚芳

会場:アトリエオルト

持参するもの: 

デジタルカメラまたはフィルムカメラ

標準〜中望遠 単焦点レンズまたはズームレンズ

 *広角レンズでも可ですがトリミングが必要になる場合があります。 

メモリーカード

筆記用具

        

第1回「スタジオポートレート 合成撮影」参加者の作品と実習風景

参加方法:参加希望の方は以下の参加申し込みフォームからお申し込みください。

⚫︎ ご入金後のキャンセルにつきましてはこちらをご覧下さい。